【第1回】株式会社GROW UP マッスルモンスターコラボ グループトレーニング 2020年9月12日

ケンコレプロデューサーの片上 尚也です。

 

今回は株式会社GROW UP様とのコラボレーション企画の模様をお伝えいたします。

 

GROW UP社の低糖質で高タンパクな「マッスルモンスター ボディメイク food」を食事に取り入れ、ケンコレのトレーナー陣が実際にグループトレーニング(全12回)を施すといった企画です!

 

今回のコラボ企業様

株式会社GROW UP

HARAPEKOBUという事業を展開。
関西を中心にケータリング、お弁当、飲食店をプロデュースされている企業。

イベント開催場所

DUCE MIX ビルヂング

大阪市福島区。
1階はDUCE MIX KITCHENというベーカリー、3階はレンタルスペースとして展開されているビルをお借りしました。

 

1.今回の講師

まずは、今回の講師をご紹介いたします。

詳細なプロフィールは、それぞれのホームページへのリンクからご確認ください。

 

講師

嬉野 智哉

パーソナルトレーナー / 健康経営アドバイザー

講師

金子 東誠

トレーニング&鍼灸治療 Compass 代表
鍼灸師 / パーソナルトレーナー

 

2.準備運動

まずは入念な準備運動からスタートです。

 

3.下半身メニュー

トレーニングは下半身のトレーニングからスタートです。

 

下半身の大きい筋肉から鍛えるのには理由があります!

https://healthcollective.jp/wp-content/uploads/2020/07/32496DB4-BF19-4397-B20E-4C7259C43991-e1593688823419-300x300.jpeg
トレーナー嬉野

筋トレは大きい筋肉から鍛えるとエネルギーを大量に消費することができます。
大きい部位→小さい部位の順に鍛えることで、トレーニングの効率が上がります!

筋肉の大きさランキング
1位:大腿四頭筋 (太もも)
2位:大臀筋 (お尻)
3位:三角筋 (肩)

 

(1)スクワットa

回数
10回×2〜3セット
ポイント
股関節、膝関節をしっかり使ってあげる。

https://healthcollective.jp/wp-content/uploads/2020/07/C09FC658-D46B-40BD-BC8D-664BA1517797-e1593690354207-300x300.jpeg
鍼灸師 金子

上体(頭〜腰まで)と脛骨(すねの骨)のラインが平行になるように各関節を曲げていきます。

 

(2)スクワットb

IMG_7284

※クリックすると動画ファイルのダウンロードがはじまります

※後日、YouTubeにアップロードする予定です

回数
8〜12回×2〜3セット
ポイント
スクワットaを参考。
秒数をカウントしながら行う動作の為、体をコントロールし呼吸を止めず行う。

 

(3)ランジa

回数
10〜14回×2〜3セット
ポイント
前足の膝の角度が90度になるようにセットします。

https://healthcollective.jp/wp-content/uploads/2020/07/32496DB4-BF19-4397-B20E-4C7259C43991-e1593688823419-300x300.jpeg
トレーナー嬉野

上体を上げていく際は、腰を反らさずに若干の前傾姿勢を保ったままで上げていきます。

 

(4)ランジb

回数
10〜14回×2〜3セット
ポイント
ランジaを参考。

https://healthcollective.jp/wp-content/uploads/2020/07/C09FC658-D46B-40BD-BC8D-664BA1517797-e1593690354207-300x300.jpeg
鍼灸師 金子

靴を履いたままの動作と、マットの上で行う動作の違いを感じられたのではないでしょうか。

 

筋トレの姿勢やフォームについて解説をしておりますので、下記の記事も参考にしてみてください!

 

4.上半身メニュー

続いて、上半身のメニューです。

 

多数の女性が気にしてらっしゃる二の腕やお腹へのアプローチです。

 

(1)リバースプッシュアップ

回数
10〜20回×2〜3セット
ポイント
肘関節を曲げていくのがポイントです。

https://healthcollective.jp/wp-content/uploads/2020/07/32496DB4-BF19-4397-B20E-4C7259C43991-e1593688823419-300x300.jpeg
トレーナー嬉野

肘が曲がらないままお尻を下ろしていくと、肩に負荷が乗ってしまい痛みの原因にもなります。

 

(2)背筋a

回数
10〜20回×2〜3セット
ポイント
腰を過剰に反らすのでなく、上体を地面から浮かすことができればOK。
下半身も膝より下は地面から浮かす。

 

(3)背筋b

回数
10〜20回×2〜3セット
ポイント
上体を浮かすと共に、指先方向に手を伸ばすイメージで上げていく。

 

(4)ドローインa

回数
15〜20回×3〜5セット
ポイント
お腹にしっかり空気が入ってきているか手を押さえて感じる。

https://healthcollective.jp/wp-content/uploads/2020/07/C09FC658-D46B-40BD-BC8D-664BA1517797-e1593690354207-300x300.jpeg
鍼灸師 金子

息を吐く際に腰が地面から離れないように、腰を地面に抑えつけるイメージで吐いていきましょう!

 

(5)ドローインb

回数
10〜20回×3〜5セット
ポイント
股関節を屈曲することで、腰を反りにくくなります。

https://healthcollective.jp/wp-content/uploads/2020/07/32496DB4-BF19-4397-B20E-4C7259C43991-e1593688823419-300x300.jpeg
トレーナー嬉野

膝関節を屈曲し内転筋(うちもも)に力を入れることで腹筋群にスイッチが入り腹筋群のトレーニングにもなります。

 

(6)ドローインc

回数
10〜20回×3〜5セット
ポイント
ドローインbを参考にしてください。
手を伸ばすことで胸式呼吸が促されます。

 

(7)腹筋a

回数
10〜15回×2〜3セット
ポイント
上体を上げていく際に、体を丸めていきます。

https://healthcollective.jp/wp-content/uploads/2020/07/C09FC658-D46B-40BD-BC8D-664BA1517797-e1593690354207-300x300.jpeg
鍼灸師 金子

アゴは上げずに引いて動作を行いましょう!

 

(8)腹筋b

回数
5〜10往復×2セット
ポイント
足を伸ばす際に腰を反らさないように注意。

https://healthcollective.jp/wp-content/uploads/2020/07/32496DB4-BF19-4397-B20E-4C7259C43991-e1593688823419-300x300.jpeg
トレーナー嬉野

腹式呼吸の意識は忘れずに行ってくださいね!

 

金子トレーナーが解説してくれている腹筋についての記事も参考にしてください。

 

5.食事

最後に、お待ちかねの食事の時間です!

 

今回は、低温調理した鳥の胸肉とブロッコリーです。

 

梅とシソのソースでさっぱりいただけました。

 

来週のメニューが今から楽しみです!

 

https://healthcollective.jp/wp-content/uploads/2020/07/32496DB4-BF19-4397-B20E-4C7259C43991-e1593688823419-300x300.jpeg
トレーナー嬉野

コンビニのサラダチキンと違って、胸肉なのにとてもしっとりしていてジューシーでした。

 

6.まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回は、株式会社GROW UP様とのコラボレーション企画の模様をお伝えしました。

 

参加中の皆さんはこちらの記事を家でのトレーニングの参考にしてください。

 

美味しいものを食べながら、健康的な体づくりを一緒にしていきましょう!

 

次回のお料理は何が出てくるのでしょうか!?

片上 尚也

片上 尚也

"ケンコレ"プロデューサー / 東京商工会議所認定ビジネスマネジャー / WEBデザイナー

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP